主婦でも所持することができるゴールドカードとは何か?

主婦とクレジットカードの関係とは?

ここで紹介するのは「専業主婦でもゴールドカードを持つことは可能なのか?」「可能であれば、どのようなゴールドカードを狙えるのか?」という点について説明をしていきます。
と、その前に、ゴールドカードを持つ以前に、まずは主婦という属性は、クレジットカード会社はどのような視点で見ているのか?について触れていきます。
意外と勘違いされている方もいらっしゃるため、ここでしっかりと説明するために、まずは理解していきましょう。

◇そもそも主婦は「収入がない」という属性ではない

小見出しを見て「何を言っているの?」と思ってしまうかもしれません。
確かに、収入がないということは間違いありません。
専業主婦であり、給与を貰うことができるような働き方ではないため、当然のことです。
正直なところ、そんなことは、クレジットカード会社も重々承知。
見ているのは「夫の収入で支払い能力があるのか?」という点になります。

憧れのクラブ33に一般人が利用するための方法論

つまり、専業主婦はあくまでも夫の存在があり、夫がしっかりと収入を得ているのであれば、収入ありと判断をするわけです。
結果「審査OK」となるわけですね。

昨今、少なくなってきたとは言え、まだまだ財布の紐を握っているのは主婦です。
その主婦がお金の管理をしているわけですから、クレジットカードを持ったとしても何ら問題ないのです。
となると「家事手伝いはどうなるのか?」とちょっとした疑問が出てくるかと。
結論を言えば「審査通貨は難しい」と言わざるを得ません。
理由は単純で、収入があるような近親者が存在しないからです。
親というのであれば、親が所持しているクレジットカードの家族カードを利用して下さいというお話になるわけですね。

◇ゴールドカードは意外と「ハードルは高くない」

となると…意外とゴールドカードの審査のハードルは低くなっていると言えることになります。
これは事実で、ゴールドカードという元々、審査が厳しいところではありますが、思っているほど高くはないのです。
イメージとしては、通常の会社員が、ゴールドカードの申請といったところでしょう。
繰り返しになりますが、見ているのは専業主婦の属性ではなく、その夫の審査を行っているということがいえます。
夫が審査をクリアすれば、それだけ支払い能力が夫にはあると判断されたわけですね。
結果、ゴールドカードの審査基準は、とりあえず普通のゴールドカードが所持できれば良いというレベルのものになっているのです。

主婦が利用するシーンが多いクレジットカード関連を狙う

では、その主婦が持つためには、どのような種類のゴールドカードを狙うべきなのか?
当然ではありますが、クレジットカードによっては、利用することができない可能性もあります。
クレジットカード会社によっては、先ほどの説明したような考え方ではないこともあるからです。
結局のところ、ターゲットが主婦層になっているゴールドカードを目標にするとよいというわけですね。

となると…主婦がよく足を運ぶような場所とは何処でしょうか?
いの一番に思い付くは、やはり「スーパー」のような生鮮食品を売っているようなところでしょう。
買い物は主婦の代表的な仕事の1つになりますからね。
ただ…スーパーがクレジットカードを発行しているようなことは、なかなか少ないものです。
つまり、近所のスーパーはクレジットカードを発行していないということです。

そこで、挙げられるのが「イオン」です。
ゴールドカードも発行されており、しかも日本全国何処にもでも存在するため、使い勝手もよいのです。
また、イオンでなくとも、BIGだったりしても問題ありません。

他にも色々と挙げることができますが、代表的なイオンだけにしておきます。
とにかくイオンに限らず、主婦がよく利用するようなところにゴールドカードは眠っているため、探してみるのも一興かと思います。

ステータスが高いゴールドカードは当然…無理

当たり前の話ではありますが、ステータスが高いと言われているゴールドカードは発行することは難しいということも、しっかりと理解をしておかなければなりません。
例えば、アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードや、ダイナースクラブカード。
これらのゴールドカードは、申込条件として「収入がある」「勤続5年以上」のように、基本的には、ビジネスの第一線で活躍をしているかたをターゲットにしているクレジットカードになります。
つまり、元からコンセプトが全く異なるのです。
結果、申し込みしたとしても、門前払いにあうのが必至。
ここで伝えたいのは、何処のクレジットカードにも「コンセプトがある」ということ。
そのコンセプトにずれた人間が申し込んでも「まず審査は通ることはない」ということを、しっかりと理解をしておきましょう。
先ほど触れたイオンのゴールドカードは「主婦層」がターゲットになっているため、審査が通過し、所持することができる可能性を秘めているのです。

You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Responses are currently closed, but you can trackback from your own site.

Sorry, comments are closed at this time.

Back to top